vol.2

vol.2

top
〜vol.2〜 *このメルマガはHTML版でお届けしております。*

こんにちは! お世話になっています! ありがとうございます!

誠に勝手ながらメルマガのやっと2号です。

もし配信を停止したい場合はこちらからどうぞ⇒(注:配信されたメルマガからは解除出来るようになっております。)

毎月初旬、中旬頃の2回配信させていただく予定です。

又、現在、王 東順のブログ
「『視聴率の怪物』プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力」も配信中です。
ぜひお立ち寄り下さい。

尚、人気ブログランキングに参加していますので、皆さまの清き1票のクリックをお待ちしています。




 【 仕事に役立つヒットのツボ 】

 第二回『 逆転の発想』〜前編〜


 「今晩ザギンでシース、どう?」
 「ちょっとネーカーが・・・」

 なんて、変な日本語を使っている人がいたら、それは間違いなく古株のテレビ業界人だ。
 理由はわからないが、昔、音楽関係者は音楽用語を逆に言っていた。

 「メンフ」
 「ターギ」
 「ドンバ」
 「スーべ」

 などなど。

 その流れで、普段の会話もひっくり返してしゃべるクセができてしまった。


 私もそんなテレビ業界人のひとり。
 そうした素地があるものだから、何でも逆さにしてしまう発想法は得意だ。

 
 ある時、私は ” 逆さ言葉 ” があるなら ” 逆さ唄 ”があってもいいのでは・・・
 と思いつき、それをクイズにした。

 唄を逆から聴いて曲名を当てる ” 逆さ唄クイズ ” が誕生した。
 
 しかも出来上がっている楽曲テープをただひっくり返して聴いても、
安易で耳障りなだけなので、思い切って歌い手に生で挑戦してもらうことにした。

 

 「そんなことできるのかな」
 「でも、できたらおもしろいので、何とかお願いします」

 作曲家に無理を頼んで譜面を逆から書き直し、日本語をローマ字に変換して、
 逆に並べながら音符にはめ込んでいただいた。

 
 
 出来上がった譜面を見ながら、バンドに演奏してもらい、歌手に歌ってもらった。
 全てが初めてのことなので、悪戦苦闘した。

 
 「この曲名は何でしょう?」
 とクイズを出し、解答後、録画したビデオを逆から再生して見せた。

 
 逆さ唄を逆転すれば、正常に戻るはずだが、そうは行かない。

 予測もしない何とも奇妙な音楽と表情に、
 歌った本人も視聴者もバカ受けしてヒットコーナーとなった。
 この企画は、今もテレビ番組で時々使われているのを目にする。

 私はテレビの企画を考える時、よくこんな発想をする。
 
 例えば・・・・
 
                     〜〜〜*続きは後半で*〜〜〜




成功された事業家にお会いし事業成功までの軌跡をインタビューした
「ビッグインタビューズ」DVDを只今制作し、発刊しています。

1本9,800円(税込み)、詳しくはhttp://business.dorihon.jp/

でも、「いきなり9,800円で買うのはちょっと」とためらう方に朗報。
試聴DVD(無料)を少しご用意致しました。

経営者お一人1分〜2分間のダイジェスト版13人が入っています。
それを見てからお考え下さい。


この試聴版は、当メルマガ王会員及びブログからのお申し込みの方
先着30名様に、無料でさしあげます。
9月下旬発送予定です。

お申し込みは⇒info@dorihon.jpへどうぞ!
(お名前・ご住所・お電話番号・*さしつかえなければご職業・ダイジェストDVD希望と明記して下さい)
*30枚が終わりましたら終了です。ご了承下さい。
dorihon

只今、株式会社セプテーニ・ホールディングス代表取締役会長 七村 守様
                          のビッグインタビューズDVD発刊中!

創業時の業態から大きく転換しながら、生長し続ける「7つの約束」を公開!

詳しい内容はhttp://business.dorihon.jp/まで


このメルマガの会員のみ、特別な特典です。

(株)セプテーニ・ホールディングスの経営バイブル本「7つの約束」をご好意でいただきました。
本編DVD「ひねらんかい!社員が主役の全員経営術」
をお買い上げの方で先着限定5名様に「7つの約束」の本をプレゼントします。

お申し込みはこちらまで⇒info@dorihon.jp
(お名前・ご住所・お電話番号・*さしつかえなければご職業・7つの約束希望と明記して下さい)
*尚、この「7つの約束」の本は、ホームページからはお申し込みできません。




              こっそりSHOP



今回は、カルティエの象徴
             「パンテールモチーフのキーリング」です。
 
             
cartier5


<<限定個 お申し込みしめ切り9月30日まで 先着名様>>


1949以降カルティエが意匠しているパンテール(豹)
の顔のデザインを使ったリングは、ゴージャスな雰囲
気が漂い、カルティエの顔ともいえます。
このヒョウのモチーフ「パンテール」はそもそも1940年
代にハイジュエリーの責任者ジャンヌ・トゥーサンによっ
て広く世に広がり、代表的なデザインとなって現在も受
け継がれています。
cartier2
cartier3 cartier4

  そんなパンテールシリーズの中で気軽に身に付けていただきたい人気商品「カルティエ
  パンテールキーリング」

  キーリングとしての本来の使用方法はもちろんのこと、リングに取り付けられているチェー
  ンを外し、革紐やお手持ちのチェーンに通すとステキなペンダントとしてお使いいただ
  けます。
  男女共にお使いいただける、キーリング兼ペンダントヘッドを、カルティエのロゴ入りの
  カルティエレッドのケース
に入れ、革紐を付けてお届けします。

cartier1 今回は限定1個 早い者勝ちです

通常価格 税込 ¥22,575のところ、思い切って
税込 ¥12,000 しかも送料込

お申し込みは⇒info@dorihon.jpまで
(お名前・ご住所・お電話番号・*さしつかえなければご職業・
カルティエパンテールキーリング希望と明記して下さい)


お申し込みしめ切り9月30日
最初にお申し込みの方のみです。


又、この「こっそりSHOP]はホームページからお申し込みできません。
メルマガ会員だけのお知らせです。




 【 仕事に役立つヒットのツボ 】

 第二回『 逆転の発想 』〜後編〜

 
 私はテレビの企画を考えるとき、” 真冬に夏の企画 ” ” 真夏に雪景色を放送 ” という発想をする。
 寒くなるとハワイが恋しくなり、暑いときは涼しい雪山が見たくなるのが人間の心理。

 新作水着の発表会が行われ、水着モデルの写真が芸能誌面を飾るのは寒い季節に集中している。


 かつて私が制作していた「なるほど!ザ・ワールド」では、
 私の中ではエンディングはオープニングと定義していた。
 通常、番組の最後は、スタッフロールが流れ、ちょっと寂しい叙情的な音楽が鳴り、
 映像はスローモーションか夕陽が沈むというのが定番だ。


 私は、そういう型にはまったエンディングにしたくはなかった。
 エンディングにもう一度、オープニングの ” これから始まる ” 的な景気の良い曲をかけ、
 しかも映像は、取材した村や街が去っていく画ではなく、道を走っていく正面の見た目、
 つまり ” これから次へ行く ” という演出をした。


 こういう演出の狙いや意図はいちいち番組内で説明することはないが、
 番組一本の終わりは、次回の始まりだということを感じ取って欲しかった。

 こういう見えない演出が大事なのだ。


 よく考えれば ” 終わり ” はすべて ” 次への出発 ” といえる。

 2007年が終われば、2008年がスタート。
 今日の閉店は、明日の朝また新しい開店だ。
 学校を卒業すれば、社会への出発。
 結婚はゴールインではなく夫婦生活の始まり、
 失恋すれば、また新しい出会いを求める。

 逆から考えると新しい展開が見えてくる。


最後までお読み頂きましてありがとうございました。
次号は10月初旬配信予定です。

【追伸】
本当に多くの反響をいただきありがとうございました。
キーボードが苦手なものですから、お一人ずつ満足にお返事できなくて申し訳なく思っています。

私の最も好きな言葉は・・・・・

” これまでにない ”

これを当てはめると

” これまでにないメルマガ ” という事になります。
それは一体どんなメルマガなのだろうか?

ところで、只今ブログも発信しています。
「視聴率の怪物」プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力

皆さんいろいろ教えて下さい。


当メルマガ王にご感想・ご要望などをお寄せ下さい。
或いは、私及びドリームワンにeビジネス等ご提案がございましたら、
遠慮なくお便り下さい。
⇒メールはこちらまで
*尚、時期によっては、お返事が遅くなる場合もございます。
 その節はどうぞご容赦下さい。

◆発行者 (株)ドリームワン代表取締役 王 東順

◆ブログ  「視聴率の怪物」プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力

◆HP   http://business.dorihon.jp/

メルマガvol.2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。