vol.6

vol.6
                                               vol.6
top
**このメルマガはHTML版でお届けしています**

こんにちは! お世話になっています! ありがとうございます! はじめまして!

このメルマガは(株)ドリームワン又は王 東順とお付き合い頂いた方、ご自身で読者登録いただいた方、ビッグインタビューズDVDをお求めいただいたお客様にお送りしています。

もし配信を停止されたい場合はこちらかどうぞ⇒(注:配信されたメルマガからは解除出来るようになっております。)

又、現在、王 東順のブログ
「『視聴率の怪物』プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力」も毎日更新配信中です。
ぜひお立ち寄り下さい。


【 仕事に役立つヒットのツボ 】

『新春かくし芸大会!満点獲得は意外にも。』


「新春かくし芸大会」の収録で局にひとつしかない最新の証明器具は奪い合いとなった。

仕方なくスケジュールをやりくりしてもらい、皆で順番に使えるようした。
私ももちろん使いたかったが、先輩格だったので遠慮して譲ることにした。

私はバリーライトをあきらめ、従来の照明で、それもあえていっそのことシンプルな照明でやることにした。


大本番で次から次へと、これでもか!と派手なバリーライトによる演目が並ぶ中、私の演目は、シンプルな照明で一服の清涼剤のように妙に存在感を示し、審査員のハートを射止め、何と満点をとってしまった。

どんな豪華なフランス料理でも続けて食べればうんざりする。
そんな時は、さっぱりとしたUDONの方が喜ばれる



ビジネスでも”他にはない” ”これまでにない” ことをやりたいというと、とても大変そうだけど、人を感動させるヒントは案外身近なところに潜んでいる。

組み合わせを変えるなど、ほんの少しの工夫だけで、新しいモノやコトをつくれるのだ。









kawarukanjirukotoba

私が最近、直接お会いして、ズキーンと来た言葉。簡単なようでいて、
これがむずかしい、これをパーフェクトに実行できたら、ビジネス成功は間違いない!



「とにかく誰でも簡単に使える
        グループウェアーを作る」

「経営とは仕切ること」

「私の仕切り方の理想は、                   私がいなくても盛り上がっている」

 
                                            サイボウズ(株)
                                           代表取締役
                                      青野 慶久 さんの
                                   ビッグインタビューズより



「意外と僕は非常におつき合いするのが
      難しい方に、結構好かれます」

「このスペースにピアノを置いたら、
 椅子がなくなってしまう。
 椅子がなくなったらビジネスでは
 まずいよな
 でも、あった方がいい」
                                                 
                                 XEXレストランでおなじみの
                                 (株)ワイズコーポレーション
                                        代表取締役社長
                                     金山 精三郎 さんの
                                   ビッグインタビューズより


※「ビッグインタビューズ」は、今躍進中の企業トップにインタビューし、DVD化したものです。
  創業時の苦難、壁をどうやって乗り越えたか?
  成長する為のビジネススキームは?会社の経営とはどういうことなのか?
  夢をどのようにしてつかむか?・・・・・・・・等、直接熱く語ってくれています。

  詳しくはhttp://business.dorihon.jp/までどうぞ!



又、ダイジェスト集がDVDがまだ少しあります。
ちょっと見てみたいという方へプレゼントします。仕事人間には涙の出るような葉集です。
こちらのお申し込みはinfo@dorihon.jpまで。
必ず、住所、氏名、年令、職業をご記入下さい。
品切れになったら、今回は終了させていただきます。



【 仕事に役立つヒットのツボ 】

瓢箪(ひょうたん)から”大”駒


「なるほど!ザ・ワールド」の海外取材班は、バイタリティーあふれるタフなスタッフが揃っていた。ある人は秘境専門で、どんな未開の地でも平然と出かけて行った。

実は2004年5月、イラクで亡くなられた橋田信介さんも、かつては我が「なるほど!ザ・ワールド」の海外取材班の一員だった。彼らの力なくして、過酷な海外取材のレポートを毎週こなして行くことは到底できなかった。


そんな中に一人、石原というスタッフがいた。彼はとても変わっていて、年末年始になると決まって1ヵ月間の休暇を取っていた。
年末年始は番組にとっても最も忙しい時期。毎年その大事な時期に1ヵ月もいなくなるなんて・・・

「なんで、そんなに長い期間休むの?しかも年末年始に?」

「すいません。パリダカに毎年出ているので・・・」

「パリダカ???

なんと彼は趣味で、あの世界的な”パリダカールラリー”に選手として参加していたのだった。
一年間貯めた貯金をすべてはき出し、12月になると嬉々とした顔で出かけて行く彼の姿を見て、少々苦々しくもあったが、そういう生き方がうらやましくもあった。


ある年ふと思いつき、彼にある提案をした。


<次号へ続く>

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<只今・募集中!>
Q いい商品をお持ちで、テレビショッピングに売り込みたい方
Q 私共にはすばらしいコスメ商品があります。販売を手伝ってくれる方(報酬有り)
Q すばらしい京都の商品がありましたら紹介して下さい(報酬有り)
Q 携帯ECサイトに詳しい方、お話を聞かせて下さい(食事付き)

     ご連絡お待ちしています⇒info@dorihon.jp
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

ところで、只今ブログも毎日更新発信しています。
「視聴率の怪物」プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力

皆さんいろいろ教えて下さい。

当メルマガ王にご感想・ご要望などをお寄せ下さい。
或いは、私及びドリームワンにeビジネス等ご提案がございましたら、
遠慮なくお便り下さい。
⇒メールはこちらまで
*尚、時期によっては、お返事が遅くなる場合もございます。
 その節はどうぞご容赦下さい。


/////////////////////////////////////////////////////////
◆発行者 (株)ドリームワン代表取締役 王 東順

◆ブログ  「視聴率の怪物」プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力

◆HP   http://business.dorihon.jp/
/////////////////////////////////////////////////////////


メルマガvol.6
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。