vol.7

vol.7
                                               vol.7
top
**このメルマガはHTML版でお届けしています**

本年は大変お世話になり、ありがとうございました。

このメルマガは(株)ドリームワン又は王 東順とお付き合い頂いた方、ご自身で読者登録いただいた方、ビッグインタビューズDVDをお求めいただいたお客様にお送りしています。

もし配信を停止されたい場合はこちらかどうぞ⇒%%del%%

又、現在、王 東順のブログ
「『視聴率の怪物』プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力」も毎日更新配信中です。
ぜひお立ち寄り下さい。


今年はどんな年でしたか?
私にとっては、えらく早い一年でした。

もちろん、全力疾走したつもりでしたが、自分で採点すると65点位というところでしょうか?

本来なら1つ1つ起きた事象を時系列で並べて、それに点数をつけてグラフ化すると、
この一年間に於ける自分の生き方のバイオリズムが表せるということです。

皆さんもやってみては如何ですか?


【 仕事に役立つヒットのツボ 】

『瓢箪(ひょうたん)から”大”駒』後編


ある年ふと思いつき、彼にある提案をした。

「そうだ石原君!パリダカのコースに沿って、レースに随行して撮りながら通過点をリポートしていくなんてできないだろうか?」

と提案してみた。渡りに舟、一石二鳥、これなら石原君も休暇でなく、だれに遠慮することなく堂々とパリダカに行けるではないか。


早速、車メーカーに交渉して車を提供してもらい、ドライバー石原で、市販車四輪駆動部門に番組としてエントリーした。その名もチーム「なるほど号」1号車、2号車

新番組が主体になってラリーに参加するという、前代未聞の大胆な企画が実現した。


かくして「なるほど号」は、パリからアフリカのセネガル・ダカール市まで、約1万kmを走破するラリーに旅立った。それに随行する取材班も必死だ。コースの大半はサハラ砂漠の道なき道。

ラリー車より先に出発して撮影をし、途中でラリー車に追い抜かれ、夜、野営ポイントで合流するという行程のくり返しだ。


パリダカールラリーは、日本でもそのレース経過が連日報道されていた。しかし私たちの目に飛び込んでくるニュースはヘリコプターの墜落や、サハラ砂漠の真ん中で横転して燃えているラリー車など、事故の映像ばかり。

まさかそんな中に「なるほど号」は入っていないかと心配な日々が続いた。


ある日、現地から国際電話が・・・。

「やりました。完走しました!」

と、とぎれとぎれの声で朗報が飛び込んできた。よく聞くと、市販車四輪駆動部門のクラス優勝まで果たしたというおまけがついていた。


20日間で1万kmを走破し、ダカールの海岸をビクトリーラン(凱旋走行)する「なるほど号」の勇姿は、スタッフはもちろんのこと、視聴者にもその感動は伝わった。


後日開いた記者発表には、いつものテレビ誌や芸能記者のほかに、私たちが知らない多くの自動車関係の記者が押しかけてきた。


テレビ番組「なるほど!ザ・ワールド」の記事は、全く縁のなかったカー雑誌に載ることになったのだ。ひょんなことから実行した企画が全く違う業界にアピールし、また新たなファンを掘り起こした。


何か大きなチャンスをつかまえるきっかけは、理路整然とした理由からではなく、意外と身近な所に潜んでいる。

要はそれに気づき、後はチャレンジする勇気さえあればいい。
メリットとデメリットを並べて比較検討して・・・なんてやっていたら、今そこにあるチャンスは遠のいていくのではないか。



ne

来年はねずみ年ですね。
この書はSHOアーティスト 末廣博子先生の作品です。

実はこの12月26日(水)から2008年1月10日(木)まで、お台場ホテル日航東京の3階コリドールギャラリーにて「末廣博子作品展」が開かれます。

優しくもエネルギー溢れる末廣博子先生の書をぜひご覧下さい。

又1月1日元旦には実演もあります。
もし、正月休みにお台場へ遊びに行く事がありますなら、ホテル日航東京へぜひお立ち寄り下さい。


特報!

2008年2月2日(土)午後
王 東順+加藤一郎のシナジーセミナーを行います。

題して
「お客の五感を刺激するエンタティメントな仕掛け〜リアルビジネス&WEBの場合」

加藤一郎さんは、ネットビジネスコンサルティングであり、マーケッターでもあり、多くのセミナーを開いてきた方です。

1+1=3以上のシナジー効果のあるセミナーは、アナタの五感を必ず刺激するでしょう。
詳しくは年明けお知らせします。



このメルマガは、多種多様な方々に同文でお送りしています。従って・・・・・

「オレには関係ねぇ!」
「私には必要ない!」

という情報や記事があるかもしれません。ご容赦下さい。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<只今・募集中!>
Q いい商品をお持ちで、テレビショッピングに売り込みたい方
Q 私共にはすばらしいコスメ商品があります。販売を手伝ってくれる方(報酬有り)
Q すばらしい京都の商品がありましたら紹介して下さい(報酬有り)
Q 携帯ECサイトに詳しい方、お話を聞かせて下さい(食事付き)

     ご連絡お待ちしています⇒info@dorihon.jp
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

ところで、只今ブログも毎日更新発信しています。
「視聴率の怪物」プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力

次号は1月7日発信予定です。

当メルマガ王にご感想・ご要望などをお寄せ下さい。
或いは、私及びドリームワンにeビジネス等ご提案がございましたら、
遠慮なくお便り下さい。
⇒メールはこちらまで
*尚、時期によっては、お返事が遅くなる場合もございます。
 その節はどうぞご容赦下さい。


/////////////////////////////////////////////////////////
◆発行者 (株)ドリームワン代表取締役 王 東順

◆ブログ  「視聴率の怪物」プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力

◆HP   http://business.dorihon.jp/
/////////////////////////////////////////////////////////


メルマガvol.7
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。