vol.15

vol.15
   ひなまつり号                      vol.15
top
**このメルマガはHTML版でお届けしています*


このメルマガは(株)ドリームワン又は王 東順とお付き合い頂いた方、ご自身で読者登録いただいた方、ビッグインタビューズDVDをお求めいただいたお客様にお送りしています。

もし配信を停止されたい場合はこちらから遠慮なくどうぞ⇒(注:配信されたメルマガからは解除出来るようになっております。)
又、現在、王 東順のブログ
「『視聴率の怪物』プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力」も毎日更新配信中です。
手抜きの日もたまにありますが、けっこう気づきのある内容になっています。
ぜひお立ち寄り下さい。



【 発想に役立つヒットのツボ 】

『特別番組収録の日に大事件が・・・・!』前編


毎年3月になると、各テレビ局は改編期で特別番組を編成する。
私は「なるほど!ザ・春の祭典」という大型特番を10年間制作した。

局の全番組の出演者が一堂に会し、番組対抗でクイズに挑戦するという半年に一度の番組祭りだ。


出演者だけでも総勢80名。当然スタッフも総動員だ。私たち以外にも、各番組の出場チームを応援するため、局中のプロデューサーやディレクターがかけつけてくる。

本番近くなると、500人以上にふくれ上がり、スタジオ内は人でごった返す。


こんな大事な日にある年、大事件が起きた。


(後編へ続く)




               特報


王東順がTBSラジオにゲスト出演します。

番組名は「こちら山中デスクです
3月17日(月)夜21:00〜21:30

実は、この番組のパーソナリティーは山中秀樹さん、つまり元フジテレビアナウンサー。
そして私がゲスト。

以前も一度出たことがあって、TBSラジオなのに、フジテレビの話で盛り上がってしまった。

しゃべっている間もハラハラして、ラジオとはいえ、こんなにフジの話をしてもよいのだろうか、と心配していたら、TBSラジオのプロデューサーは太っ腹で

「おもしろかったですよ」

と言ってくれた。


というわけで、今回は2度目の出演となった。

テーマは「イントロクイズ誕生秘話」

たまにはラジオもいいですよ。






通信販売で成功する為の
 マーケティング法は数々あれど、
  このノウハウ・知恵を知ったら・・・・・



yazuya15


もしも・・・!!

90日間試して、価値がないと判断したならば、ご返品下さい。

全額返金させていただきます。

詳しくは
 http://www.dorihon.jp/


==================== セミナーについて ====================

2月2日(土)は、ありがとうございました。
14時〜18時という長時間でしたが、
「視聴率(お客様)を惹きつける為の7つのメソッド」
を中心に、休憩時間をとばすほどの、中味の濃い内容になりました。

実は、事前に作ったレジメを、大分カットしておりまして、第2回は、この入りきれなかった項を中心に、只今、加藤一郎(ネット仕掛人、マーケッター)と組み立てています。

前回ご参加いただけなかった皆様、目からウロコのビジネス&発想の術を次回のセミナーでぜひうけとって下さい。

=====================================================================




”ビッグインタビューズDVDとは?”



「王さん、こんなにすごいメンバーで、こんなすばらしいDVDがあるなんて、もっと広く知らせたらきっと多くの人が必要としてるはずだよ」

DVDをお見せすると、会う人毎にこんな事を言われます。事業を成功させるには簡単ではありません。しかしその答えは、このビッグインタビューズDVDの中に隠されています。

成功事例、どうやって壁をのりこえたか? ビジネススキームは?
お金の儲け方は? 夢を実現させるには?・・・等
多くの示唆に富んだお話を熱く語ってくれます。

成功者の考え方を知り、そのノウハウを盗むことで、新しい次への展開が発見できると思います。最低3回、ご覧いただけると、必ず、ご自分の事業に役立つヒントやメッセージが見えてくるはずです。
是非、ご自身の夢を実現させて下さい。

詳しくは
  http://business.dorihon.jp/  までお願いします。



【 発想に役立つヒットのツボ 】

『特別番組収録の日に大事件が・・・・!』後編



もう3月だというのに、よりによって、収録当日に大雪が降ったのだ

都心で積雪10cm以上。
交通は完全に麻痺し、タレントもスタッフもやってこない。

「これは大変なことになった。本番ができないかもしれない!」

それでもタレントは、なんとか車にチェーンをつけて送ればせながらも少しずつ集まってきた。問題はスタッフだ。

中でも一番困ったのがカメラマン。
カメラは6台あるのに、カメラマンが足らない。自宅に電話をかけて、

「局に出てくれませんか」

と頼んでも

「電車が全然動いてないんだよ」

と、郊外に住んでいるスタッフも弱りきった様子。

代わりのカメラマンはいないだろうか。技術部の部屋に助けを求めに行ったがガラーンとしている。

この日のために3ヶ月以上、それこそ休みナシで準備をしてきたの

「なんで大事な日に大雪が!」

私は外へ出て、雪空を仰いで神を恨んだ。


私は窮地に立たされた。誰のせいでもないことはわかっている。でも皆の視線が私につきささる。

「王さんはやっぱり雨男だ

思い切って、一週間後に本番を変えられないだろうか。いや、これだけの豪華タレントをもう一度集め直すことは絶対不可能だ。

「王さん、本番やるの?やらないの?」
「行くけど、ハイヤーを迎えに出してほしい」

タレントのマネージャーからもガンガン電話が入ってくる。

「ところでお客さんはどうなっている?」
「一人も来ていない?!」


やっぱり無理か?

しかしどう考えても今日やるしかない。カメラの台数が足らなくてもいい。客の代わりは関係者でカバーしよう。これ以上迷っていると本番終了が朝になってしまう。

「タレントさん、ほぼ揃いました!」
「ヨシ!やろう!」
「マネージャー、お付きのスタッフの皆さん、今日は客席が空いています。拍手、笑いの応援をお願いします」


スタッフはとにかく大声を出して場を盛り上げる。


いざ本番!

スタジオにいる全員が、この逆境の中で、かえって燃え上がり、妙にハイテンションになっていた。客席にいる人数は少ないが、3倍ぐらいの拍手と笑いが起こり、出演タレントもボルテージ最高潮、以上に盛り上がった。

予定より少し遅い深夜2時過ぎ。

「おつかれさまでした!」

本番が終わった瞬間に、誰に拍手をおくるというわけでもなく、自然に拍手が沸き起こり、それはすぐにうねりとなって、スタジオは大拍手の嵐に包まれた。

後日、予定通り、無事放送が終わった。

スタジオの熱気がそのまんま視聴者に伝わったのか、高視聴率という最高の結果が出た。


神様はいたずらのあとに、ご褒美をくれた。




========================= ちょっとブログ =========================

先日、京都の地下鉄に乗ったら、社内アナウンスが、まるでお経を読む調子の社内アナウンスだった。

これ、ホントの話です。


<追記>
但し、すべての電車がそうかどうかは、わからない。
私が乗ったのがたまたまだったのか?


王 東順の発想ブログ、毎日更新中
「『視聴率の怪物』プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力」

====================================================================


<<お願い>>
このメルマガを友人・知人に伝染させて下さい。多くの人に見ていただきたく思っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


<只今・募集中!>
Q いい商品をお持ちで、テレビショッピングに売り込みたい方
Q 私共にはすばらしいコスメ商品があります。販売を手伝ってくれる方(報酬有り)
Q 携帯ECサイトに詳しい方、お話を聞かせて下さい(食事付き)

     ご連絡お待ちしています⇒info@dorihon.jp
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

ところで、只今ブログも毎日更新発信しています。
「視聴率の怪物」プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力



当メルマガ王にご感想・ご要望などをお寄せ下さい。
或いは、私及びドリームワンにeビジネス等ご提案がございましたら、
遠慮なくお便り下さい。
⇒メールはこちらまで
*尚、時期によっては、お返事が遅くなる場合もございます。
 その節はどうぞご容赦下さい。


/////////////////////////////////////////////////////////
◆発行者 (株)ドリームワン代表取締役 王 東順

◆ブログ  「視聴率の怪物」プロデューサーと呼ばれた男の現場発想力

◆HP   http://business.dorihon.jp/
/////////////////////////////////////////////////////////



メルマガvol.15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。